ステンシルコンクリート


ステンシルコンクリートは40年以上オーストラリアで公共工事、建築工事に幅広く使用され
当社でも10年以上の実績があり、ハイレベルな施工技術とともに導入しております。
ステンシルは【型紙】の意味、コンクリート打設直後に型紙を敷き上から色素硬化剤を
散布し定着させるため非常に強度があります。
コンクリートが固まる前に施工するので一体化し剥離することが非常に少ないのも特徴です。
また仕上がりはタイル、レンガ、天然石同等の風合いを再現できます。

また当社では工事はもちろんのこと、資材の販売、施工技術指導も行っております。
お気軽にお問い合わせください。

施工手順は以下の通りです。

①ステンシルを敷設

01-st

 

②マルチミックス散布

02-st

③マルチミックス擦り込み

03-st

④硬化後ステンシル剥し

04-st

⑤色素片清掃

05-st

⑥シーラー塗布後 完成
st-end